超個人的鉄血の感想

正直、日曜の5時から何をすればいいかという状態の現在。
この枠自体がなくなってしまうのはかなりさびしい。
我が家はこの時間を時期に日曜日を動いていたので。
(そんな家族もどうかと思うが・・・)

そんなわけで鉄血のオルフェンズ。
まず主人公なくなった(と描かれているだけで生きてる!なんてw)
初めの作品と言われますがOVAを含めると
ポケットの中の戦争でバーニーさんが昇天されております。

一言でいえばやっぱりこうなるのね。
オルガが死んだ時点で三日月もそうなることは
なんとなく予想できた。
理由は今回は物語はこの2人で1人の主人公なので。
コードギアスみたいにルルーシュだけってのは
今回は考えられないなと。
そして見てる人間が一番気になる後日談を
きっちり仕上げたあたりすごく制作人に感謝です。

それとモビルスーツ戦。
今回はほぼ実弾兵器及び物理的攻撃のみの演出。
ナノラミネート装甲があるから基本ビーム兵器は無効化される。
ただしMAハシュマルは厄災戦時に作成されたものであるため
ビーム兵器が搭載されているのである意味厄介。
(クリュセの農場を一発で木っ端微塵に・・・・)
しかしバルバトスを筆頭に非常に頑丈に出来いる。
これはフレームがあるからなのか?
いろいろ考え出すとキリがないが
ダーインスレイヴには触れたくないな・・・

今回は文章だけで簡潔と・・・w

フォローする