【レビュー】iPhoneやiPadの最新OS「iOS11」にアップデートしてみた

iOS11が10月20日からリリースされました。
多くの機能が改善されており使い勝手も向上しているとの事で
早速インストールを行ってみました。
ちなみに両方とも一発で入れることが出来ました(笑)
手順としてはiPhoneもiPad miniも変わらないので
一発目にiPhoneに入れてみました。

1.インストール手順


まずはおなじみですが設定の画面を開きます。

次に一般をタップします。

そうしますと、はいiOS11をアップデート出来ますと表示されます。

後は同意するをを押しますとインストールが開始されます。

最後にインストール開始をタップします。

インストールには約10分程かかりますのでその間はティータイムで(笑)

インストールが完了するとAppleIDを聞かれますのでパス—ドのみ入力です。

iPhone分析と言う画面に遷移するのでまあAppleと共有でもいいでしょうw

2.変更点(iPhone)


①プリントスクリーンを取ると左したに撮った画像が一時的に表示される

②カレンダー、連絡先、計算機、AppleStore、iTunesStoreのアイコンが若干の変更

③全体としてフォントが太くなった

④アンダースクロールの画面の大幅な変更

⑤カメラのQRコード対応

⑥パスコードの入力画面も若干変わってます。

まだまだ細かいところはこれから検証しますが見た目的な所はこんな感じでしょうか。

AR昨日も追加されていると言う事ですがこれは次の機会にレビューしてみましょう。

3.変更点(iPad)


①なんと言ってもどこからでもDockが事えるようになった

これはおおきいです。

そして最近使用したアプリも表示されるのでiPadユーザには

非常に便利になったと思います。

②その他はおおむねiPhoneに準じているので割愛です。

3.とりあえず使ってみて・・・


どういう風な形になるか正直、半信半疑でしたがiOS10からの正常進化盤と位置づけても良いのではないかと思います。

またiPadに関してはDock機能が充実したのでこれは非常にありがたいです。

となると今度、iPadとMacBook Airの境目はどうなるんでしょうね?

個人としてはiPhoneXとiPhone8は購入する予定はないですがこうなるとiPadの魅力がかなり出てきたのでちょっと購入を考えたいですね。

顔認証に関しては女性陣からすっぴんと化粧で2つ認識させてないと動かない!なんて響きが聞こえてきたり来なかったり・・・

いずれにせよこれからちょっとずついじってみたいと思います。

4.追記


①どうやら今回から64bit用APPが最適化されているみたいなので32bitAPPはアプリ側で対

策が必要とのこと。

②iPad用には最近使った項目というのが追加されています。

おそらくPDFなどのファイルを最近使った物から見せてくれる機能だと思われます。

③iPadだとアンダースクロールにsafari等のアプリの内容が表示されるようになりました。

④タッチセンサー部のアイコンの変更


全体を通して10をベースに使い勝手を向上させている感じが見受けられます。

8、Xでは7では事えなかった機能も盛り込まれていると思いますが

個人的には7でも十分かなという感じです。

フォローする