仮想通貨は金のなる木になれるのか

現在進行形で世間を騒がしている仮想通貨。
金なのか金で無いのか、安全なのか等々TV、ネットを問わず毎日の様に報道されています。
本日もFacebookが仮想通貨の広告を全世界で禁止すると発表しました。

私自身仮想通貨を使うことがあるかこれから先わかりません。
しかし金のなる木にかと言えば答えはYESではないかと思います。
それを示すのがこちらのチャートです。

この通り最大で一年間でビットコインは1,500,000円も上昇しています。
これは円相場では考えられないほどの値上がりと考えても良いでしょう。
とてつもないほどのの値上がりには原因があるはずです。
一番有力視されているのが使う人が多くなったこと。
円もドルも使う人が多ければ多いほど上がります。
短期的な投機に走っている人もいるのも実情だと考えられます。
いずれにしてもこれだけの上がり幅を見れば一儲け仕様と考える
個人投資が増えてくるのは必然ではないでしょうか。
また良くも悪くも世の中に”仮想通貨”と言う言葉が浸透しているのも少なからず後押しをしていると考えられます。

素人の私からしても非常に魅力的なこの仮想通貨ですが、やはりうまい物には毒があると考えられるのがマウントゴックスの破綻で在り、NEMの不正取引ではないでしょうか。
TVで良く仮想通貨は誰にでも作れると報道されていますが私自身もそう考えています。
ただし、個人で行っても使ってくれる人がいなければそこに価値が付加されることがありませんので意味がありません。
繰り返しになりますがそこに使ってくれる人がいて初めて成立するものが仮想通貨だと思います。

今後も何かと世間の注目を浴びるであろう仮想通貨の将来は一体どうなるのか私自身も注視していきたいと思います。


フォローする