国内専用ポケットWi-Fiレンタルサービスは果たして自宅用ネット回線の実用に耐えるか

今回ちょっとした手違いでネット回線を解約してしまって途方に暮れていたところWi-Fiのレンタルが出来るという事で早速申し込んでみました。
結果からすれば大正解でした。店舗で新しく新たに回線を引くことも無くクレジットカード1枚で手続きも出来るので、一時的な回線としては十分に実用に耐えられると思いました。

今回チョイスしたのはこちらのサービス。

Wi-Fiレンタルどっとこむ

価格ドットコムとの提携で普通の事業者よりも割安で提供されています。
手続きはすべてスマホからも出来ます。
自分が実際やった感じでは10程度で入力完了。
その後すぐに申し込みのメールがありさらに20分後には契約完了のメールが届きましたので非常にスムーズな手続きでした。

こちらのSoftBank 303ZT 無制限プランです。
常時自宅でネットを使用していることを考えると制限をされないために無制限プランを選択しましたが31日間は4,350円と繋ぎの回線としてはお手頃の価格だとおもいます。
ちなみにこのサービスではVISAデビットでも決裁出来ました。

このサービスを選んだのは理由は・・・

1.無制限プランの中で一番安かったこと
2.翌日には届く
3.決算がカードで済む
4.手続きがすべてネットで完結

他の事業者サービスもありましたがこの金額ありましたが比較的高額になっていました(9,000円くらいかかる業者さんが多かったです。)

キャリアとしてはソフトバンクですが実行速度は以下の通りでした。

1.NTTPC(WebARENA)1: 1.95Mbps (243.02KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 1.59Mbps (198.09KB/sec)

やはり光回線よりも劣りますがそれでも通常のwwwやメール、ブログの更新に使用する分には問題無い実行速度した。
YouTubeも使用していますがあまりストレスは感じない程度の快適度でした。

もちろんPCではUSB接続も出来ので直接マイクロUSBをさして認識されます。
こちらはWindows、Macともに特に難しい事も無く、ただ刺せばOKでした。
それ以外のWi-Fi機器はSSID見つけてPASSを入力すれば簡単に接続完了です。

新たな固定回線が引かれるまでしばらくこのネット環境で使用しますがこの環境でも良いかなと思って締まっている今日この頃です。


フォローする