iPad miniとiPhoneをMacのサブディスプレイとして使用できないか検証してみた

私自身、普段からデュアルディスプレイで作業等を行っているのですが、不便は無いんです。
メインの画面で作業をしてもう一つにはブラウザーを常時表示して使用しています。
自身の性格上動画を流しっぱなしで作業もすることが多くその場合もう一画面欲しいなと考えるようになりました。
もう一台ディスプレイを増やせば良いのですが使用環境上もう一台の使いかは不可能。そんな時にふとiPad miniやiPhoneをサブディプレイに出来ないかと考えました。

そこで今回検証したのがしているのがDuetと言うアプリケーションです。

PC版は無料で使えますがiPad及びiPhone版は1,200円の購入費用がかかります。
こちらのソフトはWindowsでも使用できます。
Mac版はリンクのサイトからダウンロード及びインストールを行えば完了です。
iPadではAppStoreからダウンロードする必要があります(この時に購入の手続きが必要です)

Macとの接続方法はLightningケーブルを使用します。
使用方法は以下の通りです。

1.Mac側にてDuetを起動
2.iPad及びiPhoneへLightningケーブルを接続
3.端末側でDuetを起動

いたってシンプルに接続出来ます。端末側ではタッチパネルも使えるのでちょっとした作業はこちらでできます。
私自身iPad miniなので小さく感じますがサブディスプレイとしては十分に役割を果たしてくれます。
これをiPadやiPad Proで使用した場合は、十分な大きさなので新たにディスプレイを購入する必要は無いかもしれません。
初期投資は若干必要になってきますがそれでも1台ディスプレイを買おうと思ったら安いと考えています。

またRetinaをお使いの方はBlu-rayで映像を見る場合非常に綺麗に見れます。普段使っているディスプレイよりも格段にいいです。
この辺りはさすがRetinaと思ってしまうほどです。
MacでBlu-rayをみたいという方はこちらを参照下さい。

最近はアニメにしてもコンサートにしてもほぼBlu-rayディスクが主流となってます。 今まではなんとかDVDを買っていたのですが・・・...


フォローする