携帯電話を新規購入で審査が通らなかった場合の注意点と対策方法

今の世の中では携帯電話を契約することはごく自然な形で行われています。
特に何も無ければスムーズに契約出来るようになっていますが今回は審査が通らない場合の対処及び対応を記載します。

1.割賦販売と一括購入ではハードルが違う

この場合、審査の関門が違ってきます。割賦販売の場合は一番先に契約者の与信状況を確認されます。もしこの時点で何らかの事故(俗に言うブラック状態)であった場合はこの時点で引っかかってします。
この状態では割賦販売を受けることが出来ず端末を一括で購入する事で問題は解決します。ただし、最近の端末は非常に効果であり何らかのキャンペーンで端末一括0円等で恩恵を受けて購入することが出来ます。

2.未納状態の確認

現在で各キャリアはオンラインで支払状況を確認出来きるシステムを有しています。仮にAキャリアで契約を行うときにBキャリアで未納があった場合は新規の契約を行うことが出来ません。その場合はBキャリアに確認し未納している料金を解消することで契約に至ることが出来ます。
ただし、相当古い契約等の場合調べるのに相当労力と時間が掛かってしまいます。この場合は家族等の名義を使って契約することで解消される場合があります。

3.MVMOキャリアの落とし穴

各MVMOキャリアは大手キャリアの回線を間借りした状態で運営しています。この場合、未納状態は例えばDoCoMo、au、ソフトバンクのどこかの事業者として未納状態が発生します。
従って大手三キャリアを使用していない場合でもMVMOの場合は元の回線事業者の未納としてシステムに登録されます。特にMAVOはクレジットカード払い事業者が多く店舗販売をしていないことになり仮に未納状態を解消出来たとしてもシステム反映が非常に遅くなる傾向にあります。

4.未納状態の最大のデメリット

これは言うまでも無く個人の信用情報に傷が付いてしまうことです。特に割賦販売で購入したときの未納は信用情報機関(CICやJICC)に登録されます。
特に割賦販売の場合はCICに登録されていきますので新しくクレジットカードを作成するときに場合により発行見送りなどの処置が発生しますので注意されるのがよいと思います。

この様に未納状態が続くと携帯電話の契約のみならず信用情報まで傷が付くことになってしまいますのでしっかりと状況の確認を行うことをお勧めします。


フォローする