今話題のHUAWEI(ファーウェイ) P10liteを1週間使った見た感想

今までiPhoneしか使ってこない買った私。
しかしふと最近のAndroidはどうなんだろうと言う事でいろいろと物色している中で
P10liteが高評価だったので早速手に入れてしましました。
ちなみにキャンペーン期間中でいたので本体料金は0円でした。

1.見た目

非常にiPhoneXに似ています。物理ボタンもありません。
ただし、背面に指紋認証ができる様になっていますのでこちらを使うとロックの解除が楽になります。

2.お財布携帯・防水はありません。

すでに日本のAndroidでは標準で付いている機種が大手ですがこの端末にはそういった機能が省かれています。
日本円で安ければ20,000円台で買えますのでそのあたりの昨日は省いても良いのかなと思います。

3.カメラ機能

百聞は一見にしかずこちらをご覧下さい。

こちらはP10liteで撮影した写真。

こちらはiPhone7で撮影した画像です。

iPhoneは処理の関係で白色が非常に極まっています。それに比べてP10liteは若干黒みがかったようにみます。iPhoneは私みたいな素人にでも十分に綺麗に撮影できますが、玄人好みはP10ではないかと思います。

4.バッテリーの持ち

正直2日間充電しなくても今の私の生活スタイルでは何の問題もないと考えています。1日に使用する電池量は残高70%ですので2日間はもつのでは無いかと思います。

5.個人的に残念に思うところ

今回のPC10liteはSIMカードが2枚刺すことが可能ですが1方だけしか接続出来ないという罠が仕掛けられします。
その理由は実は、P10 liteも、DSDSに対応しており、SIMカードスロットは2つ搭載されています。
ただし、そのうちの一つは、「2G」規格用です。
現在日本で利用されているのは、「3G」と「4G」なので、実質SIMカードは1枚しか使えない。というわけです。

6.もうiPhoneには戻れない

正直初めは見下さしていた部分もありますが画面の解像度また5.2インチという画面サイズがよくすでに使用頻度は半々になっています。

7.規格について

対応OS Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
CPU HUAWEI Kirin658 オクタコア (4×2.1GHz+4×1.7GHz)
ディスプレイ 約5.2インチ, FHD (1920×1080ドット)
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 32GB
microSD 最大128GB
連続待受時間 FDD-LTE:約532時間
WCDMA:約564時間
GSM:約575時間
連続通話時間 WCDMA:約21時間
GSM:約37時間
通信速度 下り(受信)最大262.5Mbps(LTE)
上り(送信)最大50Mbps(LTE)
通信方式 3G、B1/5/6/8/9
FDDLTE、B1/3/5/7/8/18/19/26
TDDLTE、B41
W-CDMA、B1/5/6/8/19
GSM、850/900/1800/1900
セカンダリーSIM、GSMの上記周波数
Wi-Fi、IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
カメラ アウトカメラ:1,200万画素
インカメラ:約800万画素
バッテリー容量 3,000mAh、9V/2A急速充電対応
SIMサイズ SIM1 SIM2 共にnanoSIM
Bluetooth v4.1 LE
ポート microUSB
GPS
NFC ×
テザリング 最大接続台数8台
防水 ×
防塵 ×
ワンセグ ×
おサイフケータイ ×
センサー 加速度、コンパス、ジャイロ、環境光、近接、指紋センサー
測位方式 GPS、AGPS、Glonass
本体付属品 ACアダプタ、USBケーブル、クリアケース、イヤホンマイク、クイックスタートガイド
イヤホンジャック
定価 29,980円

通常ではY!mobileでは扱いがないのですが今回は特別セールと言う事で取り扱いがありました。
また今回は某ショッピングセンターの特売で買っており実質0円ではなく本体代0円で購入出来ました。まだまだこう言う機会もあると思うので格安SIMとセットでいかがでしょうか。


フォローする