ディーラーに行ったらパトカーが入庫していたのでちょっと調べてみた

ディーラーに行ったときに珍しい車体が入ってきたのでご紹介したいと思います。それはなんとパトカーでした。やはり法定点検はディーラで受けると言うのは一般的の車と同じです。

一昔前まではパトカーと言えばクラウンがばかり目にしていましたが。しかしなぜクラウンではなくレガシィなのか。それは簡単です。入札価格がトヨタ自動車よりも安かったから。調べて見たところ以下の様にこの様な価格でした。

  • 金額

・トヨタ自動車 総額:1,450,727,400円 1台:3,504,173円
・富士重工   総額:1,194,720,000円 1台:2,885,797円

今回の入札は414台なので単純に総額から1台の値段を算出しましたが差額が全体では2,885,797円、1台辺り618,376円。圧倒的に富士重工が安価。これでは天下のトヨタさんでも勝てるはずも無いです。

  • 諸元

では市販車に比べてどのくらいの値段の違いがあるか。調べて見たところこれは非常に驚きでした。詳細は『製作図面承認申請書』を見て頂ければ分かりますが一部伐採て記載します。

一般的な車両の諸元はこちらになります。

・型式     DBA-BM9
・エンジン   EJ25
・総排気量   2.457cc
・タイヤサイズ 前輪225/50/17、後輪225/50/17
・アイサイトは非搭載となります

では市販車両と比較してみましょう。

・型式     DBA-BM9
・エンジン   EJ25
・僧排気量   2.457cc
・タイヤサイズ 前輪205/60R16、後輪205/60R16

この様な形で記載しますとタイヤサイズ以外は通常ベースと変わらないと思いますね。
しかしそこはパトカー。歴然とした差が出てくる仕様があります。それは全高と重量。当たり前と言えば辺り前の話です。また市販車両とは異なるので当然のことですが8ナンバーでした。サイレンが付属されていますで常識的に考えるとそうなります。ではどれだけ違うか。

警察車両

・車両総重量 1835kg
・全高    1.860mm

標準車両

・車両総重量 1440kg
・全高    1.505mm

警察車両が重量が重く、全高も高くなっています。

  • 内装

社内も見る機会があったので社内を拝見したましたが革張りシート。そしてダッシュボードには録画用のビデオカメラ。その他、警察無線等が搭載されており通常の車よりもなんだかナイトライダーを思わせる感でした。

  • 感想

この様な機会はめったに無いと思いますのでみなさんもディーラーや警察所でじっくり見ていた頂いては如何でしょうか。
あるいは私みたいにディーラーさんでも見ることが可能かもしれません。

フォローする